汚れを見落としがちなので要チェック 

自動車のLLC(冷却液・ロングライフクーラント)の役目には、ウォーターポンプで循環させ、ラジエターファンでラジエターを冷やし、エンジン温度の適温維持があります。
LLCが蒸発したり、ラジエタ-・ホース・ウォーターポンプの故障でLLCが漏れることがあります。
LLCが不足すると、エンジンが冷却されずオーバーヒートを起こします。LLCの異常は水温計が高くなる、エンジンルーム内からカチカチ音がする、焼け付いた匂いがする・自動車の下に液だまり(LLC)ができるなどの症状が現れます。
もし、異常に気づかず乗り続けると、エンジンの焼き付きやシリンダーガスケット破損などを起こし、多額の修理費用が発生することになります。
水温計が高くなる等の異常があれば、ボンネットを開け、エンジンを十分冷えした後、ラジエーターキャップを開け、LLCを適量補充します。緊急の場合は水道水でも構いませんが、早めに車種にあったLLCに交換することが必要です。
LLCに求められる条件は2つあります。1つは不凍性であることです。液体が凍ると体積は膨張します。LLCが膨張したらラジエター・ホース・エンジンの破損につながります。
2つめは、防錆性であることです。LLCが水道水では、冷却装置が錆び、循環効果の低下になります。
LLCを継ぎ足して使用する方がいますが、古く汚れたLLCでは、ドロドロ状態で詰まりの原因になり、本来の冷却機能が得られないので、車検ごとには新しいLLCに交換することが望ましいです。
また、新しいLLCに交換した際のエアー抜きは必須で、ラジエーターキャップやドレンボルトを新品に交換することが理想的です。

Comments are closed.