損害賠償などの民事上の責任 

交通事故や交通違反を犯した場合、加害者は刑事責任・行政責任・民事責任の3つの責任を負います。
死亡事故・傷害事故・ 物損事故を起こした場合に支払われる保険金は、民事責任によるもので、保険料をきちんと納めていれば、民事責任については、保険会社が被害者と示談交渉をしたり、保険金を支払ってくれます。示談交渉特約に入っていないと、加害者本人(代理人・弁護士)が被害者と示談交渉などをすることになります。
事故を起こして、罰金刑・ 懲役刑・ 禁錮刑が科せられるのが刑事処分です。
事故を起こして、免停・取消・減点・反則金が科せられるのが行政処分です。
事故を起こさなくても、交通違反となれば刑事処分(罰金刑・ 懲役刑・ 禁錮刑)や行政処分(免停・取消・減点・反則金)があります。
事故を起こして、相手方に損害を与えた場合は、過失割合(発生した交通事故に対する責任の割合)に応じて、被害者に保険金を支払います。
任意保険未加入の場合は、自賠責保険(被害者保護のために、最低限度の損害賠償を補償する強制保険)で不足する部分は、加害者自身が負担することになります。
加害者が任意保険未加入の場合は、無い袖は振れない状態となり、賠償請求をしても満足なお金が支払われないことがほとんどです。そのため、任意保険に入る場合は、 無保険車特約を付けることが重要となります。
自賠責保険(強制保険)の未加入状態で、自動車やオートバイを運転すると、即座に免許停止、1年以下の懲役または50万円以下の罰金、自賠責保険証の不所持でも30万円以下の罰金が科せられます。 

Comments are closed.