違反や事故によって責任を課せられます

自動車を運転していると様々な危険に遭遇します。
突然車の陰から人や自転車が出てきたり、車同士の接触、わき見運転による接触、危険は常に隣り合わせです。
車の運転で何らかの事故を引き起こしてしまった場合、相手がいれば過失割合により責任を問われます。
とくに、相手に怪我を負わせてしまった時や、相手が死亡してしまうような事態となったとき、過失割合が高いと自動車運転過失致死傷罪や危険運転致死傷罪などの刑事責任が問われることがあります。
また、事故や違反をすると、道路交通法に則り、点数が課せられ、一定以上の点数で免許取り消しや免許停止などの処分を受けます。
また、相手の死傷や物損に対して、損害賠償責任が生じます。
自動車を主有する人は必ず、自動車賠償責任保険(自賠責)に加入することが義務付けられ、自動車の所有者もしくは使用車が必ず支払う義務があり、この保険は路上で走行する車が加入していなくてはいけない強制加入の保険で、この保険により被害者に対して賠償をするものです。
事故の内容によって自賠責のみで保証しきれないことがあり、多くの人が任意の自動車損害保険に加入することが一般的です。
これらの保険により、生じた責任を負い賠償することが自動車運転者の義務となります。

Comments are closed.