車の基本的なメンテナンス方法

プレゼント02

車を常にいい状態で維持するためにメンテナンスは欠かせません。その項目はとても多くあります。
エンジンではエンジンオイルがあります。これはエンジン内部を潤滑しているもので汚れや劣化してしまうので、定期的に交換する必要があります。一般的に5000キロまたは半年と言われています。
タイヤはまずエアを確認しましょう。空気圧が低くなっていると本来の走行性能が発揮でないばかりでなく危険です。
またタイヤにスリップサインというものがあり、溝が減ってくると滑りやすくなるためにそれらを目安に交換必要です。
バッテリーは徐々に電圧が弱まっていきますが、エンジン始動の際セルを回す場合とても多くの電圧が必要となり、冬場などバッテリーがよわるとエンジンが始動できないこともあります。
ブレーキパッドも交換が必要なパーツです。ブレーキをかけた時に「キー」という金属音がするとブレーキパッドがなくなってきているので、早めに交換します。
エアクリーナーも交換必要でエンジンが空気を吸う吸気のエレメントです。これが汚れてくると燃費も悪くなります。2万キロごとに交換します。
ワイパーのゴムも交換が必要です。雨天時にワイパーをかけたときに十分水が捌けていない、ビビリ音がするような場合は交換が必要です。
このように自動車は常に点検が必要です。